いじめについて考えてみる

職場でいじめが起きている会社はとても沢山ある。気付いているだけでも多いですが、気付かない所でも多く発生している場合もあるのだ。もしも働いている職場でいじめが起きていたら、当事者であっても傍観者であっても適切な方法を見つける必要がある。そのままにしていていい事はないのだ。放っておいても解決するようなものはいじめではないのである。誰かが行動にうつさない限りそれは続いていくのだ。それ自体を、会社としての問題にするのか、個人の事だからと個人間で解決してというべきなのかは会社によっても方針は変わってくるが、社員をどれだけ大切にしているかが如実に表れるものになるのだ。
もしも会社の問題として取り上げてくれるとしたら、それ以降もそのような行為はおきにくくなるだろう。自分達が悪い事をしている事で、会社に迷惑がかかってしまう事になるし、最悪の場合は処罰が与えられてしまうこともあるからだ。そうなってしまって働く場所がなくなってしまうのは困ると多くの人が思うだろうから、このようないやがらせの行為は起きなくなるのである。人の心理に直接語りかけるような行動をする事が、解決への近道になるのだ。誰かのほんの少しの勇気や行動力がいい結果につながる事もあるのだと知っておく事が重要だ。いじめなど起きない方がいいのだが、人と人の関係はそんなにうまくいく事ばかりではないからこそ、適度な関係を作りながらうまくやっていく力が必要なのである。