職場いじめの原因と解決法

会社などの職場において、同僚や上司からのいじめ、いわゆる職場いじめが大きな問題となっている。職場いじめの形態は様々なものであるが、集団によるものが多く、いじめられる側は不利になりやすい。またいじめる側が上司である場合には、いじめではなく指導、という主張がなされることが多いため解決が難しいことが多い。社員同士だけでなく、バイトなどへのいじめも発生しており、こちらの場合はバイトよりも社員の方が偉いという一般的な認識から黙認されることがほとんどである。職場いじめは、いじめられる側にとっては大きな肉体的、精神的苦痛を伴うが、会社にとっても仕事が上手く遂行しにくいなどの問題がある。
職場いじめの原因として考えられるものとしては大きく分けて2つある。1つ目は、解雇をしたいがそれが難しい場合において、嫌がらせをすることで自ら退職することを期待するものである。2つ目は仕事上や人間関係による個人的ないじめである。どちらにおいても共通していることは、マイノリティの排除である。例えば、異常に仕事の出来る人や全く仕事のデキない人、自分勝手な行動をとりがちな人が職場いじめに会う可能性が高い。それでは職場いじめの解決方法としてはどのようなものがあるのであろうか。最も手っ取り早い方法としては、退職や他部署への異動が挙げられる。また場合によっては弁護士への相談などによって解決を図ることもある。いずれにせよケースバイケースであるため、根本的な解決が難しいのが現状だ。