職場いじめにあったら誰かに相談すること

小学校などの教育現場でいじめが社会問題になっているように、職場においてもいじめは存在しパワーハラスメントやモラルハラスメントなどさまざまなハラスメントが問題となっている。社会人になって職場においていじめを行うような人はほとんどが同一人物で、一人が何人かの人をいじめていることが多い傾向がある。その主要人物を取り巻く複数人のグループがいっしょになっていじめを行うという図もあるだろう。人をいじめる人は共通して日常生活に不満や不安を持っている人が多く、自分の置かれている現状に満足していないことを理由に、他人をいじめることでストレスを発散している人が多く見られる。仕事の能力の違いによって他者を攻撃することもあり、仕事をミスしたり処理能力が遅い人などを攻撃したり、反対に仕事ができる人には嫉妬などの理由から攻撃することもあるだろう。
もしいじめや何かしらのハラスメントを受けていると自覚したなら、悩む前に周りの誰かに相談することが大事である。職場の上司や会社の人事部などに事情を説明し、何かしら対策を講じてもらうことをおすすめする。それが無理なら同僚でも誰でも良いから事情が分かる人に打ち明けることが必要で、一人でうじうじ悩んでいると心身ともに不健康になるだろう。相談しても改善されないようなら、職場を異動したり転職するという方法も選択肢としてある。肝心なのはとにかく自分ひとりだけで悩みを抱え込まないようにすることだ。いじめを受けて抱え込み悲しい結末を迎えてしまった人も多くいる。このブログを読んでいるアナタがもしいじめを受けているのであればそのような悲しい結末を迎えないでどうか逃げて欲しいのだ。もし今後もっといじめが酷くなってしまったら、対処できないほどのいじめになってしまったらいじめに耐えないで転職することが一番の身を守る方法だ。